豆腐とコンソメ

豆腐とコンソメ

ラズパイ工作ともろもろのプログラム勉強記録

ラズパイのVimでyankした文字列をMacで使用する

ラズパイでシェルスクリプトvimを使って書いていたときに、ふとコードの内容をgoogle検索したくなったとかありますよね!

自分はあんまりないんですが、vimの設定をする際についでに気になったので設定したのでメモとして記載します。

参考にさせていただいた記事は以下になります。

stackoverflow.com

X11.appを使う方法です。

話はそれますが、一時期Vim使うってかっこいい!使いこなしたい!といろいろがんばったのですが、VscodeだったりいろいろなIDEツールがでてきたりで、どこまでをVimでがんばって、どこからIDEツールを使ってけばいいのだろう、悶々としておりました。

結果VimIDEもろくにつかえないのですが、コードを書くときのキー移動だったりの基本的な操作はVim準拠でファイラーみたいな部分はIDEに頼ればいいかなと思っている今日このごろです。

検索とか置換とかもIDEでいいかなと思いつつ、Vimでもできたら便利だよなぁとも思う今日このごろです。

ラズパイの設定

なにはともあれ、ラズパイにvimをインストールしていきます。

インストー

まずはパッケージリストを更新しときます。

$ sudo apt-get update

検証が怪しいのですが、vim-gnomeを導入します。

$ sudo apt-get install vim-gnome

話がそれるけれどもvim-genomeって?

あまり意識したことはなかったのですが、vimには様々なディストリビューションがあるみたいです。
その中のひとつになります。

参考にさせていただいた記事。
Vim の種類 (Vim family) - Qiita

上記の記事でいえば、vim-gnomeは「Huge」の一番機能が多いものにあたると思われます。

$ vim --version | grep -e Huge -e Small -e Normal
Huge 版 with GTK2-GNOME GUI.  機能の一覧 有効(+)/無効(-)

なんでvim-gnomeなの?

参考にさせていただいた記事。
MacのVimでHomebrewを使ってクリップボード連携を有効にする - Qiita

クリップボード(command + cやcommand + pで使用できるいわゆるコピペ)とvimを連携するには、vimディストリビューションがそれに対応している必要があるとのことです。
vim-gnomeクリップボードに対応しているので、こちらを使用しました。

$ vim --version|grep clip
+clipboard       +iconv           +path_extra      +toolbar
+eval            +mouse_dec       +startuptime     +xterm_clipboard

.vimrcの設定

vimの設定ファイル、.vimrcをホーム配下に作成します。

$ vim ~/.vimrc

以下、一行を追加します。

.vimrc

set clipboard^=unnamed

ラズパイ側の設定は以上になります。

Mac側の設定

X11.appをインストールします。
このアプリケーションが本来どういったものなのかって、あんまりわかってないです。

XQuartz

インストールしたら、ツールバーX11->環境設定を開き、ペーストボードタブを選択します。

以下のように設定します。

f:id:konoemario:20170724233613p:plain:w500

※各設定の意味をあんまり調べてないので、正直なところ全部チェックしちゃえ!という具合です。

設定が終わったら、アプリケーションを終了します。

ssh接続

一点、ssh接続する際に、-Xオプションをつける必要があります。

$ ssh  接続先のIP  -X

このオプションをつけることで、ssh接続時にX11.appが起動してくるかと思います。

以上になります。