豆腐とコンソメ

豆腐とコンソメ

ラズパイ工作ともろもろのプログラム勉強記録

Goに入門してみる

日記

さいきんちょっとさぼりぎみ。 忙しくなると駄目ですね。
習慣がなくなることが怖いので、書くことを目的として書きました。
中身はからっぽだけど気にしない。


本題

ぼけーっと電車の中で以下の記事を見て、関数型言語(Go)というところに目がいきました。

qiita.com

qiita.com

他の記事でも、関数型言語をやったことがないのであれば、ぜひやりましょうみたいなことをよく見るので やってみることにした。


ということではじめてみる

まずは、必要なリソースをダウンロードすることにします。 ちょっとだけ慣れてきたパッケージ管理ツール(yumとか)を使うかと思いきや、そうでもないみたい。

公式ページよりアーキテクチャにあったものをインストールしろとのこと。

https://golang.org/dl/

おお、OSがLinuxという欄に3つほど選択肢があるぞ、、、ということで調べます。

以下のコマンドを叩くことで、「64bit」環境であることが確認できました。

アーキテクチャの確認

$ arch
x86_64

なので「go1.10.3.linux-amd64.tar.gz」をダウンロードすることにします。
作業ディレクトリに移動して、wgetコマンドですね。

リソースをダウンロードする

$ cd /tmp
$ wget https://dl.google.com/go/go1.10.3.linux-amd64.tar.gz


ダウンロードできたら、解凍します。
解凍したファイルは、`/usr/local'に置くことにします。

解凍する

$sudo tar -C /usr/local -xzf go1.10.3.linux-amd64.tar.gz
$ ls -ltr /usr/local
total 44
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Jan  6  2012 src
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Jan  6  2012 sbin
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Jan  6  2012 libexec
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Jan  6  2012 include
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Jan  6  2012 games
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Jan  6  2012 etc
drwxr-xr-x  3 root root 4096 Mar  7 06:46 lib
drwxr-xr-x  6 root root 4096 Mar  7 06:46 share
drwxr-xr-x  4 root root 4096 Mar  7 06:46 lib64
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Apr  5 08:12 bin
drwxr-xr-x 11 root root 4096 Jun  7 00:12 go


解凍できたら早速動作確認をしてみます。
インストールしたディレクトリの'bin'配下に'go'ファイルがあるので、こちらを実行してみます。

動作確認

$ cd /usr/local/go/bin
$ ./go version
go version go1.10.3 linux/amd64


ちゃんとバージョンが表示されました。 問題なさそうです。


Hello World

ということで、さっそく初めてのGoを書いてみることにします。
何事も初めてってドキドキしますね。

進めていくにあたっては、こちらの記事を教科書にさせていただきました。

gihyo.jp

何はともあれ、作業用のディレクトリとファイルを作成します。

初めてのgoファイルを作成する

$ mkdir ~/go
$ cd ~/go
$ vim hello.go


教科書の内容を写経し、

なにも考えずに写経

package main

import (
        "fmt"
)

func main(){
        fmt.Println("hello world")
}

よっしゃいくぞ!というところで、そんなコマンドねえよっていわれちゃいました。

よっしゃいけないぞ

$ go run hello.go
-bash: go: command not found

なのでパスを通してあげます。

パスを通す

$ vim ~/.bash_profile

.bash_profileに以下を追記

export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

環境変数反映

 $ source ~/.bash_profile

よっしゃいくぞ

$ go run hello.go
hello world

というところで無事実行ができました。


IDEをつかってみる

さきほどの教科書を第3章ほど進めていくにつれ、IDEで作業がしたくなってきます。 最近はVsCodeを使っているのですが、探してみるとJetBrains社のIDEがあるとのことなので、そちらを使ってみることにします。

最初、「IntelliJ IDEA」のプラグインとしてあるという記事をみて、「IntelliJ IDEA」をダウンロードしていたりして、あれプラグインないぞ、なんてやってたのですが、どうも新しくGo言語用のIDEができていたみたいです。

www.jetbrains.com

無料期間は30日っぽく、集中してGoをやる感じでもなさそもないので、とりあえずはアーリーアクセス版を落とすことにしました。

アーリーアクセス版なのでバグやらなんやらがある可能性もあるのですが、趣味でやる程度なので特に問題はないと判断しました。

www.jetbrains.com

そもそもGoのWindows版をインストールしてなかったりして、あれ実行できないぞとかもあったのですが、問題なく使えています。

いまのところ、パラダイムシフトみたいなものは特に感じることができてないです。
C言語っぽいけど、Cより書きやすいのなぐらいの理解。

さて何をつくろうか。