豆腐とコンソメ

豆腐とコンソメ

もろもろのプログラム勉強記録

useEffectでrace conditionとdebounceに対応する

useEffectでrace conditionとdebounceに対応する

ReactのHooksに入門した。 useEffectのクリーンアップは再レンダー時に毎回行われるんだよ!という公式ドキュメントをみて、ほーんという感じだったけど race conditiondebounceをhooksを使ってシンプルに対応するサンプルを見て、なんだか凄さを感じた。

やりたいこと

以下のように、入力内容の変更がある度にAPIリクエストをして、結果を反映させるということをしてみたい。

f:id:konoemario:20191024210614g:plain
やりたいこと

やってみる

これをuseEffectを使って書くと、以下のようになる。

  const [name, setName] = useState("taro");
  const [age, setAge] = useState(0)

  // この副作用は、nameが変わる度に実行される
  useEffect(() => {
    // loading中にして
    setLoading(true);

    // apiを実行
    getUserData(name).then(age => {
        // 結果をステートに反映
        setAge(age);
        // loading終了
        setLoading(false);
      }
    });
  }, [name])

このコードにはいろいろ問題があるのだけど、最終的にレンダリングされるAPIの結果が、想定と異なる可能性があること。 というのも、APIは呼び出した順に結果が返ってくるという保障もないので、最後に返ってきたAPIの結果が最後に呼び出したAPIの結果とは限らないから。

これを解決するためには、入力途中に呼び出されたAPIの結果は無視する必要がある。

この文章だけみると、やけに難しく感じるのだけど、あら不思議。 Hooksの公式ドキュメントの記載に則り、副作用のクリーンアップを利用すると簡単に対応できる。

新しい副作用を適用する前に、ひとつ前の副作用をクリーンアップします。

  const [name, setName] = useState("taro");
  const [age, setAge] = useState(0)

  // この副作用は、nameが変わる度に実行される
  useEffect(() => {
    let cancel = false

    // loading中にして
    setLoading(true);

    // apiを実行
    getUserData(name).then(age => {
        if(!cancel) {
          // 結果をステートに反映
          setAge(age);
          // loading終了
          setLoading(false);
        }
      }

    // 副作用のクリーンアップ
    return () => {
      // このcancelのスコープが、あああ!となった。
      cancel = true
    }
    });
  }, [name])

これを利用すると、debounce処理もさくっと実装できそう。

  useEffect(() => {
    setLoading(true);

    const timeOutId = setTimeout(() => {
      getUserData(name).then(age => {
        setAge(age);
        setLoading(false);
      });
    }, 1000);

    return () => {
      clearTimeout(timeOutId);
    };
  }, [name]);

実際には、以下のようなuseDebounceのようなカスタムHookも作ると汎用的になる。
https://github.com/xnimorz/use-debounce