豆腐とコンソメ

豆腐とコンソメ

もろもろのプログラム勉強記録

ES2015 より前のクラスについてのメモ

ES2015 より前のクラスについてのメモ

基本

ES2015 より前の構文。 ブラウザで実行する場合は、Babel を使わなくても、IE11 で実行することができる形。 もちろん Node.js でも実行することができる。

function Member(firstName, lastName) {
  this.firstName = firstName;
  this.lastName = lastName;
  this.age = 23;

  this.getName = function() {
    return firstName + lastName;
  };
}

js のクラスはクラスというより、ただの関数 new をつけて呼ぶことで、ただん関数をコンストラクタとして実行することができる コンストラクタとして呼ぶと、空のオブジェクト(this)を作って、暗黙的に作成したオブジェクを返す。 ※コンストラクタで return を定義することで、返却するオブジェクトをさわることもできるが、あんまりやらない。 また prototype の継承とかも行う。 https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/new より噛み砕いた記事。 https://qiita.com/takeharu/items/809114f943208aaf55b3

上記挙動から、this を固定するアロー関数をコンストラクタとして定義することはできない

var Member = () => {};
var member = new Member();

なるほどと思った。

var member = new Member("tarou", "yamada");
console.log(member.getName()); // tarou yamada

// ただの関数なので、new 演算子をつけないで実行することもできる。
// とはいえ、できるだけであって推奨はされない。
var directCall = Member("fail", "fail");

// この場合、コンストラクタとして実行した場合の暗黙的に新しいオブジェクトを返すということはしない。
console.log(directCall); // undefined
// また、関数として実行した場合、this のコンテキストがかわるのでグローバルオブジェクトとして、変数名がつかわれてしまう
console.log(firstName);

ちょっと横道、this のコンテキストの話

this のコンテキストは、以下をおぼえとく! トップ:グローバル 関数:グローバル → なんとなく関数そのものをさすと思ってた。コンストラクタと違うから注意。 コンストラクタ:生成したインスタンス、 メソッド:レシーバ イベントリスナー: イベントの発生元 bind・apply: 引数で指定したオブジェクト

// 以下、うろ覚えだった、オブジェクトの this
// メソッドの場合、メソッドを呼び出している、オブジェクトが this になる
// 以下の記事がわかりやすい
// https://qiita.com/takkyun/items/c6e2f2cf25327299cf03
var obj = {
  a: 1,
  b: function() {
    console.log(this);
  }
};
console.log(obj.b()); // {a: 1, b: [Function: b]}

prototype の話

javascritp のクラスはただの関数 関数のプロパティの値が関数であればそれが、メソッドになる new 演算子をつけると、新しいオブジェクトを返してくれる 新しいオブジェクトをつくると、オブジェクトのプロパティにセットされる関数も毎回生成されることになる メモリがもったいない。javascript は prototype というものを用意してくれている。

// 以下のように protyotype として定義すると、クラスから生成されたインスタンスは、インスタンスのプロパティに
// 同名がなければ、prototype を参照するようになる。
// 同名があると、インスタンスプロパティを参照するようになる。
Member.prototype.getAge = function() {
  return this.age;
};
console.log("age:", member.getAge()); // 23

// static
// クラスにプロパティを持たせることは可能。ただし、インスタンスには引き継がれない。
Member.address = "shizuoka";
console.log("from Class", Member.address); // shizuoka
console.log("from instance", member.address); // undefind

// プロパティに関数を渡して、static method っぽいこともできる
Member.getAddress = function() {
  // 当然、コンストラクタで設定するプロパティは参照できない
  // console.log(this.firstName) // undefinde
  return this.address;
};
console.log(Member.getAddress()); // shizuoka

prototype を定義する際には、オブジェクトリテラルで一括で設定する方がわかりやすい

var Bot = function() {};
Bot.prototype = {
  sayHello: function() {
    console.log("Hello");
  }
};
var bot = new Bot();
bot.sayHello();

継承の話

var Animal = function(name) {
  this.name = name;
};

Animal.prototype = {
  walk: function() {
    console.log(this.name, "is waking....");
  }
};

// Animal を継承する
var Cat = function(name) {
  // この発想がすごい!
  // Animal で call すると、関数 Animal が実行される
  // コンストラクタしてではなく、関数として実行されるんだ
  // 関数として実行されると、this はグローバルスコープになっちゃんだけど、call を使うことで this を変更している
  // この this は、Car がコンストラクタとして実行されることで生成されるオブジェクトを指すようになる
  Animal.call(this, name);
};

// メソッドを継承するために、子の prototype に親のインスタンスをセットする
// これにより、Cat.method を実行したときに、自身のインスタンス → 自身の prototype→ 親の prototype と検索することができる
// ふと、Cat.prototype = Animal.prototype でもいいんじゃない?って思ったけど、その場合、Cat と Animal が同じ prototype を参照してしまう。
// Cat.prototype.hoge で追加したものが、Animal でも使えちゃうことになるので、避けるべき。
Cat.prototype = new Animal();
Cat.prototype.bark = function() {
  console.log(this.name, "> nyaan");
};

var mycat = new Cat("mike");
mycat.walk(); // mike is waking...
mycat.bark(); // mike > nyaan